売れる広告・ホームページのルール
伝わる文章講座 編

 
えば、言葉や文章の『テクニック』で演出を行い、商品を売る「だけ」の文章を書くことも可能な訳です。
 
そして、そのような『文章テクニック』をアドバイスするような、文章講座もあると思うのです。しかし私(佐藤)が考える『伝わる文章講座』が目指すのは、そこではありません。一夜漬けで学んだ情報が短期間で消えてしまうように、何年間も豊かな関係を継続し育てていける文章を書くには、しかるべき基本の積み重ねが必要だと考えているからです。
 
私は、この文章講座を通して、 真面目に頑張っている方がシンプルで力強く「自分と商品の魅力を伝える」方法を教えたい。「言葉の力」に気がついていただきたい、と本気で考えています。私(佐藤)自身が独立起業してから15年間、広告を作成していく中で学んできた「現場の知識」を組み合わせて、独学でも「伝わる文章」が書けるようなヒントを提供していきたいと思います。
 
指揮者が変わると、全く別の音に変わるクラッシック音楽のように、アレンジしていく視点を変えれば、自分でも気が付かなかった新しい可能性が生まれてくるもの。この講座では、言葉の天才である文豪の作品や日本文学の知識などに触れながら、あなたの感性を刺激するお手伝いをしていきます。
 
私の『伝わる文章講座』が『あなた&商品の魅力』を、引き出すヒントとなり、力強い広告とホームページを作る、きっかけにしていただけたのならば、うれしく思います。
 
伝わる文章講座  佐藤 隆弘 拝

売れる文章講座

 
その0「私(佐藤)が独立起業して、体験から学んだこと」
↑まずは、ここから。
 
↓あとは、気になったもの、目に止まったものを、自由にご覧ください。
その1-1「広告は、忘れられるものだ」
その1-2「お客さんから、メッセージが届くホームページとは?」
 
その2-1「言葉の力を、甘く見ていませんか?」
その2-2「一度に受け取れるメッセージの量は決まっている」
 
その3「伝わるキャッチコピーの考え方(1)」 ←人気
その4「伝わるキャッチコピーの考え方(2)」
 
その5「共感には、一定の情報量が必要」
その6「音読しにくい文章は伝わりにくい」
 
その7「売れる文章に、学校教育の知識はいらない」
その8「文章表現力は、良い文章の読書量で決まる」
 
その9「コトバの天才に学んでみる:名文を読んでみよう 夏目漱石」
その10「コトバの天才に学んでみる:名文を読んでみよう 川端康成」
その11「コトバの天才に学んでみる:名文を読んでみよう 志賀直哉」
 
その12「自信を持って表現する 49人を大切に」
その13「大切なところは何色で書けばいいですか?」
 
その14「わかりやすさ」は「技術」である。」
その15「文豪のプロポーズ」
 
その16「大切なところは『3回』繰り返す」 ←人気
その17「あなたの『マイナス』は、お客の『プラス』かもしれない」
 
その18「センスの良い人達。」
その19「必ず『トリック 』がある(1)三島由紀夫 文章読本 」
 
その20「必ず『トリック 』がある(2)芥川の挑戦状」 ←人気
その21「漱石だって不安になる。」
 
その22「キャッチコピー集 夏目漱石編」
その23「言葉は『生き続ける』 花の色は」
 
その24「伝わるキャッチコピーは、情熱の場から生まれてくる」
その25「コンサルタントには、わからないこと」
 
その26「学校では教えてくれない文章の書き方(1)」
その27「学校では教えてくれない文章の書き方(2)」
 
その28「恥ずかしさの中に、ヒントあり?」
その29「コマネチ 若きアスリートへの手紙 より」
 
その30「本物とニセモノは『時間が裁く』」
その31「文章の書き方で、損をしていませんか?」
 
その32 無意識の力に勝たなければいけない。
その33「誰でも書ける ≠ 売れる文章が書ける」
 
その34「本当にそれが「今、あなたが伝えたい」ことなのか?」
その35「天才達が口にする言葉」
 
その36「成し遂げられないまま、終わるもの」
その37「過去の成功&失敗体験にしがみつかない」
 
その38「そういう人が集まったりする」
その39「静かに広がり、伝わっていく(進学塾の講師経験から)」
 
その40 宮澤賢治「銀河鉄道の夜」を読みながら考えたこと。
その41 なぜ好きな人からのメールは、読み返してしまうのか。
 
その42 読書スタイルから見る、伸びる生徒、伸びない生徒の違い。
その43 思い込みが「目隠し」をする。
 
その44 言葉は「過去の記憶」で、できている。
その45 更級日記を読んでいて気づいたこと。「物語の構成とは?」
 
その46 宮澤賢治のキャッチコピー集
その47 シャーロックホームズの言葉から考えたこと
 
その48「無意識」を意識してみよう。(1)
その49「無意識」を意識してみよう。(2)
 
その50 太宰治「グッド・バイ」作者の言葉 を読む。
その52 「痛みを消すおまじない ちちんぷいぷい」
 
その53 「柳田國男 遠野物語を読む」
その54 「戦い続けた人にだけ、見える世界」
 
その55 「目の前の壁を越える瞬間(1)」 ←人気
その56 「目の前の壁を越える瞬間(2)」
 
その57 「目の前の壁を越える瞬間(3)」
その58 「目の前の壁を越える瞬間(4)」
 
その59 「目の前の壁を越える瞬間(5)」
その60 「目の前の壁を越える瞬間(完結)」
 
その61「すべては模倣から始まる(1)」
その62「すべては模倣から始まる(2)」
 
その63「すべては模倣から始まる(3)」
その64「すべては模倣から始まる(4)」
 
その65「名前が、あたえてくれるもの(1)」 ←人気
その66「名前が、あたえてくれるもの(2)」
 
その67「成長を止める言葉」
その68「あなたの可能性を見つける言葉」
 
その69「キャッチコピーは〇〇から生まれる」
その70「ライターとコピーライターの違いとは?」
 
その71「自信を持って表現するには?」
その72 「表現力は、忍耐力」
 
その73「よい文章とは? 3つのポイント」
その74「文章が散漫になって、わかりにくくなってしまう」
 
その75「日本文学作品を英文で読んでみよう。(宮澤賢治編)」
 
その76「独立起業して17年目に考えたこと(その1)」
その77「独立起業して17年目に思ったこと(その2)」
その78「独立起業して17年目に思ったこと(その3)」

 
:books
【佐藤の読書日記】:つまり佐藤の本棚ブログ NEWS(7・12 更新)
【電子書籍】もうひとつの世界 無料公開中 >>>

※8月9日 (水 )更新 【在庫なし ×】
売れる文章&コピーライティング講座売れる文章&コピーライティング講座

あなた&商品の魅力が「10倍伝わる」
文章講座 実践編
※実は「あの人」も受講していた!
佐藤の『売れる文章講座』実践編 >>
※次回受付は【8/23(水)午後1時】です。

メールマガジンメールマガジン
メールマガジン(無料)
言葉の力を刺激するヒントを提供中。

著作権・免責事項について。 
 

 

当ホームページ上では、各国の著作権法、及び条約等により保護されている 文章、図画、写真、プログラム、編集著作物、データベース、及びこれらの二次的著作物等の各著作物が 含まれている場合があります。ホームページ内の著作物について、権利者に無断で複製、配布、貸与、送信、放送、変造等の行為を行うことは、 著作権の侵害となり、法的に罰せられる事があります。